エンジンの修理や交換

自動車のエンジントラブル

自動車エンジン交換と修理の費用

自動車を長く愛用していると、経年劣化からエンジンにトラブルが生じることがあります。この時、できればエンジンの修理で済ませたいと考える人が多いのですが、場合によっては、修理よりも交換の方が適しているケースもあります。しかし、どちらが適しているのかは素人には分かりづらいものですので、自動車エンジントラブルが起きた時には、その状態をプロに判断してもらうことが必要なのです。修理だけで済む場合、費用は工賃を含めて30~70万円ほどが相場となりますが、交換となった場合はエンジンそのものの費用と工賃を合わせて150万円近くかかることもありますので、一般的には修理の方が安いといえます。ただし、先述したように自動車エンジンの修理に適さないケースもあります。それは内部のパーツの摩耗や隙間、揺れなどが酷いような場合です。このような場合、例え、修理ができたとしても、工程が多くなりますので、その分、かかる費用も交換するのと変わらない程度になることもあります。また修理期間も長くなるため、その間の移動手段を考える必要も出てくるのです。ですので、こうした場合は自動車整備業者から交換を勧められることも珍しいことではないのです。

自動車の基礎情報

↑PAGE TOP