エンジン別オイルの種類

自動車用エンジンの話

自動車用エンジンの種類と特徴

自動車用エンジンは大きく分けて燃料に、ガソリンを仕様するものと軽油を使用するものがあります。(現在では一部例外があります)ガソリンを使用するものが現在主流となっており、高回転までエンジンを回す事ができるため、サイズに比べてハイパワーを発揮することが特徴です。一方、軽油を使用する物はディーゼルエンジンと呼ばれており燃料の圧縮比を高くできるため、低回転でのトルクを大きい事が特徴で、トラックなどによく搭載されています。ガソリンエンジンを搭載する自動車は、非情に幅広く軽自動車からレーシングカーまで搭載されています。エンジン自体の仕組みもレシプロとロータリーで大きく異なっていたり、レシプロでも、車のサイズや設計思想によって直列横置き、縦置きなど設置法だけでなくV型や水平対向など構造からして異なってくるものもあります。もちろんそれぞれ特徴がりメリットもあればデメリットがあり車の性能に大きく影響します。ディーゼル車も、一昔前までは「煤」が問題になったり仕組みの都合上製造コストが割高だったりしましたが、現在では技術の発達によりコストダウンが進み、環境にも配慮した「クリーンディーゼル」が開発されヨーロッパ車を中心に注目されています。

自動車の基礎情報

↑PAGE TOP